リオ五輪競技コラム|2大会ぶりの競泳の金メダルはあるのか?

 

 

 

 

 

 

 

2012ロンドン五輪において、3つの銀メダル、8つの銅メダルを、獲得した日本競泳陣。

 

 

 

このほか8つの種目で入賞を果たすなど、層の厚さが強くなっていることが、

感じられた一方で、それまでのアテネ・北京のような、

金メダル獲得のインパクトが薄かったことも事実である。

 

 

 

リオ五輪出場の条件は、各競技ごとによって異なるが、

競泳は、夏の世界選手権で個人種目優勝すれば、

代表に内定とのルールだった。

 

 

 

その結果、現在内定しているのは、女子バタフライ200mと平泳ぎ、

男子400m個人メドレー、男子400mメドレーリレーの4つである。

これを多いと見るか少ないと見るかは、評価の分かれるところだ。

 

 

 

金メダル候補の有力一番手に挙げられるのは、世界選手権を、

2大会連続で男子400m個人メドレーを制した、瀬戸大地だろう。

 

 

 

この種目で日本人が連覇を果たしたのは、初めての快挙だった。

 

 

 

一方、かつての大エース、北島康介が、

5大会連続五輪出場を狙って、トレーニングに励んでいる。

 

 

 

世界選手権の選考には漏れたが、修羅場をくぐってきた経験値は、

五輪の舞台では、他の選手の助けになるに違いない。

 

 

 

南米初の夏季五輪開催となるだけに、競技場の具合など、

経験豊富な北島選手には、例え、選考に漏れたとしても、

アドバイザーとして、チームに帯同してもらいたいところだ。

 

 

 

五輪前半に開催される競泳では、それまで無名だった選手が、

予想外の活躍で、一躍脚光を浴びることも多い。

 

 

 

来年のリオ五輪でも、新たなニュースター、ヒロインの存在が待ち遠しい。

 

 

 

 

 

 

『オリンピック オッズ』topへ!