リオ五輪競技コラム|女子バレーは再び表彰台に立てるのか?

 

 

 

 

 

 

 

2015年のワールドカップで2位以内に入り、

五輪出場権獲得を狙った、女子バレーボール日本代表は、

残念ながら5位に終わり、アジア最終予選に回ることになった。

(アジア最終予選 = 世界最終予選)

 

 

 

ワールドカップ6位と、予想よりも健闘した男子に比べると、

いささか期待外れに終わった感もある女子代表。

 

 

 

最大の問題は日本代表を長年支えてきた、

竹下選手が引退した後のセッターを、

いまだに固定できていないことにある。

 

 

 

ワールドカップでも、最初は、古藤千鶴選手が先発していたが、

3試合目からは、宮下遥選手に先発が変更された。

 

 

 

体格のハンディを、隙のないコンビバレーと速さで、

対抗してきた日本にとって、セッターが、

コロコロ変わるのは、いい傾向とは言えない。

 

 

 

息のあったチームプレーは、一朝一夕にできるものではない。

最終予選を通じて、早くセッターを固定してもらいたいものだ。

 

 

 

また、どこからでも攻撃ができるバレーを、

志向している割には、攻撃枚数が少ないことも課題と言える。

 

 

 

「困った時には、木村選手」 みたいな部分もあり、

サーブレシーブが乱れた時には、そもそも、

おとりに飛ぶような選手もいない。

 

 

 

これでは、相手に読まれ、ブロックされるのも、

いたしかたないことだ。

 

 

 

いくら、アタッカーに能力があったとしても、

2枚3枚と付くブロックを、かいくぐるのは至難の業である。

 

 

 

そもそも、日本は個人の能力に頼るチームではない。

 

 

 

攻守において、全員がベストの動きをしてこそ、

初めて世界と対等に渡り合えるチームだ。

 

 

 

2016年5月には、アジア大陸予選を兼ねた、

世界最終予選が、東京で行われる。

 

 

 

中国がワールドカップで五輪出場権を得たことで、

アジア大陸予選に回ってこないため、

日本にとっては、有利な展開となっている。

 

 

 

とはいえ油断は禁物。

 

 

 

さらなるチーム力の向上に努め、堂々と、

予選を勝ち抜き、リオ五輪での躍進に期待したい。

 

 

 

 

 

 

『リオオリンピック女子バレー、ブックメーカーオッズ』へ!