リオ五輪競技コラム|前回大会同様活躍できるか?バドミントンと卓球

 

 

 

 

 

 

 

ロンドン五輪で女子ダブルスで、銀メダルに輝いた、

”藤井・垣岩ペア” の活躍は記憶に新しい。

 

 

 

それ以前の、オグシオ人気、さらに遡れば、陣内貴美子など、

日本バドミントン界は、結構人気スターを輩出してきた。

 

 

 

スポットライトが当たるのが女子ばかりなのが、

少し寂しいところだが、リオ五輪においても、

新たなヒロインの誕生が予感される。

 

 

 

それが、高校生ながら世界ランキングトップ10入りを、

果たしている、山口茜選手だ。

 

 

 

9月に行われた、ヨネックス・オープン・ジャパンでは、

ロンドン五輪金メダリストの中国・李選手を相手に、

一歩も引かない戦いを見せ、セットカウント2−1で降す金星を挙げた。

 

 

 

リオだけでなく東京五輪においても、

活躍が期待される新鋭に、今注目が集まる。

 

 

 

また、ロンドン五輪で団体銀メダルを、果たした女子卓球は、

相変わらず、石川佳純と福原愛に頼りがちだが、ようやく、

世界ランキングトップ10入りを果たす選手がでてきた。

 

 

 

それが、中学生の、伊藤美誠である。

 

 

 

女子だけではなく、男子でも、中学生の吉村真晴が、

団体メンバー入りかと言われており、将来を考える上でも、

着実に強化が結びついている印象がある。

 

 

 

若手の育成が上手くいっている競技は、

総じて、海外大会への選手派遣に積極的だ。

 

 

 

グローバル化は、企業の世界だけでなく、

スポーツ界でも広まっていると言える。

 

 

 

2つの競技とも、五輪大会出場はほぼ間違いなく、

後は、選手選考がどうでるかだけである。

 

 

 

選ばれた選手には、前回大会同様の活躍を、

見せてくれることを期待したい。

 

 

 

 

 

 

『オリンピックは、ブックメーカーで賭けよう!』