東京五輪競技コラム|ラグビー/セブンズも、w杯同様の躍進なるか?

 

 

 

 

2019年に、日本で開催された、ラグビー・ワールドカップにおいて、

日本代表は、悲願のベスト8入りを達成し、世界を驚かせ、大会を大いに盛り上げた。

 

 

 

日本国内では、「ラグビーにわかファン」 で溢れ、

ラグビーから離れていた元ファンだけでなく、今まで、

ラグビーを知らなかった人達も惹き付けて、一気にメジャースポーツになった。

 

 

 

ラグビーの魅力を知った、「にわかファン」 を、

さらに取り込めるチャンスとなるのが、

東京オリンピックの、ラグビー/セブンズだ。

 

 

 

ラグビーは本来、1チーム15人で行うものだが、

オリンピックでは、1チーム7人の、7人制ラグビーで競われる。

 

 

 

フィールドの広さは、15人制と同じで、基本のルールも、

「トライ:5点。ペナルティーゴール:3点。トライ後のゴール:2点」

なのも同じ。

 

 

 

1チームの人数が7人なので、スクラムを組むのは、

「フォワード:3人、バックス:4人」 となるのが、大きな違いだ。

 

 

 

そして、試合時間が前後半7分ずつ(決勝のみ10分)で、

ハーフタイム2分という、短い時間で行われる。

 

 

 

15人制と同じフィールドで、試合が行われるため、

広大なスペースを使う、スピーディーな攻撃が多く見られるのが特徴だ。

 

 

 

ラグビー・ワールドカップに出場し、名前を知られるようになった、

日本代表選手の参加も期待されるが、2019年12月20日に発表された、

代表候補には、名前を連ねることはなかった。

 

 

 

男子セブンズ日本代表の、岩渕健輔ヘッドコーチは、

就任当初から一貫して、「門戸は、一切閉じるつもりはない」 と、

言ってはいるものの、15人制とは求められるプレーが異なり、

セブンズでのプレー経験がない選手が、簡単に入れるものではない。

 

 

 

一方、セブンズの候補選手たちは、

日本ラグビー協会と、7人制専任選手契約を結び、

東京オリンピックに向けて、強化に取り組んできた。

 

 

 

林大成選手のように、15人制ラグビーの実業団チームを退団し、

日本ラグビー協会所属の、7人制専任選手として、

東京オリンピックを目指している選手もいる。

 

 

 

東京オリンピックでも、「にわかファン」 の期待に応え、躍進なるだろうか?

 

 

 

 

 

 

オリンピック、ブックメーカー・オッズ』 topへ!