東京五輪競技コラム|世界記録保持者・鈴木雄介選手が挑む、競歩

 

 

 

 

2020年の東京オリンピックでは、マラソンの実施が、

札幌に変更され話題となったが、競歩も同様に札幌で実施される。

 

 

 

2016年のリオデジャネイロオリンピックでは、

男子50km競歩で、荒井広宙選手(自衛隊・当時)が銅メダルを獲得し、

競歩は、東京オリンピックでも、メダルの期待が懸かる種目となった。

 

 

 

男子50km競歩の代表で、最も期待が懸かるのが、現在、

日本記録の、「3時間36分45秒」 を持つ、川野将虎選手(富士通)だ。

 

 

 

2015年4月に、荒井広宙選手がマークした、

当時の日本記録が、「3時間40分20秒」 だから、3分以上を縮めている。

 

 

 

そして2019年時点で、男子20km競歩の世界記録、

「1時間16分36秒」 を保持しているのが、鈴木雄介選手(富士通)だ。

 

 

鈴木雄介選手は2019年、ドーハで行われた陸上世界選手権・男子50km競歩で、

金メダルを獲得し、川野将虎選手と共に、男子50km競歩の代表に内定している。

 

 

 

鈴木雄介選手は、男子20km競歩の代表にも、内定する可能性が残っており、

両方の代表に内定した場合は、どちらか一つに絞ると言う。

 

 

 

男子20km競歩の代表内定を決めているのは、

2019年の陸上世界選手権・男子20km競歩で、

金メダルを獲得した、山西利和選手(愛知製鋼)だ。

 

 

 

川野将虎選手が持つ、世界記録には及ばないものの、

その差は39秒の、「1時間17分15秒」。

 

 

 

つまり、2020年東京オリンピックの1年前に行われた、

陸上世界選手権において、金メダルを獲得した両選手が、

代表として出場するのだ。

 

 

 

しかもこのレースは、酷暑のコンディションの中で行わた、

非常に過酷なものだった。

 

 

 

2020年東京オリンピックの競歩は、札幌での開催になったとは言え、

早朝のスタート時点で、気温25度を超える中での、

過酷なレースになることが予想されている。

 

 

 

2019年の陸上世界選手権同様に、

20kmと50kmで揃っての金メダル獲得も、決して夢ではない。

 

 

 

 

 

 

オリンピック、ブックメーカー・オッズ』 topへ!