東京五輪コラム|男女マラソン・高速化が進む中で上位に食い込めるか?

 

 

 

 

2020年の東京オリンピックのマラソンの代表選考は、

MGC(マラソングランドチャンピオンシップ)の上位2名ずつと、

男女それぞれ3つの選考レースで、残り1名ずつを決める規定となっていた。

 

 

2019年9月15日に行われたMGCでは、中村匠吾選手(富士通)が、「2時間11分28秒」 で優勝。

「2時間11分36秒」 で服部勇馬選手(トヨタ自動車)が、2位に入り、

この2選手が、東京オリンピック代表に決定した。

 

 

2018年のシカゴマラソンで、「2時間5分50秒」 の日本新記録を出した、

大迫傑選手(Nike)は、MGCは3位に終わり、MGCファイナルチャレンジに懸けた。

 

 

 

残り1枠の代表は、福岡国際マラソン、東京マラソン、びわ湖毎日マラソンの、

3大会の内、最もタイムが良かった選手が、勝ち取るルールで行われた。

 

 

 

東京マラソンに出場した大迫傑選手は、

自身の持つ日本記録を、21秒更新する、「2時間5分29秒」 で4位に入着。

 

 

 

びわ湖毎日マラソンで、これを超える選手が居なかったため、

大迫傑選手が代表に決定した。

 

 

 

日本新記録を更新した大迫傑選手には、大きな期待が懸かるが、

その東京マラソンで優勝した、ビルハヌ・レゲセ選手の記録は、

「2時間4分15秒」 だった。

 

 

 

厚底シューズの導入で、記録が飛躍的に伸びている長距離界で、

果たして、上位に食い込むことができるだろうか?

 

 

 

一方、女子の代表は、MGCで、「2時間25分15秒」 で優勝した、

前田穂南選手(天満屋)と、2位の鈴木亜由子選手(日本郵政グループ)の、両選手が先ず決定。

 

 

 

最後の1枠は、名古屋ウィメンズマラソンで優勝した、

一山麻緒選手(ワコール)で決まった。

 

 

 

名古屋ウィメンズマラソンは、強い雨の降る、

劣悪なコンディションでのレースとなったが、一山麻緒選手は、

日本歴代4位となる、「2時間20分29秒」 の大会新記録で、優勝。

 

 

 

大阪国際女子マラソンで、松田瑞生(ダイハツ)の記録、

「2時間21分47秒」 を更新しての代表決定だった。

 

 

 

男子に比べて筋力が低いため、女子は、

厚底シューズを履きこなすのが難しいと言われるが、

一山麻緒選手は、ナイキ社の最新厚底シューズを履いて、

好記録を叩き出した。

 

 

 

オリンピック本番でも、厚底シューズを履く意向を表明しており、

厚底シューズに対応した走りで、上位躍進が期待される。

 

 

 

 

 

 

オリンピック、ブックメーカー・オッズ』 topへ!