東京五輪コラム|バスケ代表、八村塁選手・渡邊雄太選手は参加する?

 

 

 

 

バスケットボール日本代表が、東京オリンピック出場を、

決めるまでは、紆余曲折があった。

 

 

FIBA(国際バスケットボール連盟)は、日本の男子バスケットボール・1部リーグが、

NBLとbjリーグの、2つに分裂している状態の解消・統合を求めたが進まず、

2014年10月に、国際活動の資格停止処分を下した。

 

 

 

これを受けて、元Jリーグチェアマン・川淵三郎氏らが中心となり、

JBA(日本バスケット協会)の、ガバナンス改革を実行。

 

 

 

NBLとbjリーグを統合したBリーグが発足し、JBAのガバナンスも、

改善されたとして、2015年8月を持って制裁は解除された。

 

 

 

しかし、東京オリンピックの開催国枠での出場は、保留となった。

日本代表に、国際レベルの実力があると、判断されなかったからだ。

 

 

 

日本代表に、開催国枠を付与する条件として、

2019年のバスケットボール・ワールドカップに、

アジア予選を突破して、出場することが求められた。

 

 

 

そのアジア予選、1次予選を4連敗でスタートし、

崖っぷちとなった日本代表を救ったのは、

 

 

 

帰化が認められた、ニック・ファジーカス選手(川崎ブレイブサンダース)と、

現在、NBAのワシントン・ウィザーズで活躍する、八村塁選手(ゴンザガ大学・当時)だった。

 

 

 

日本代表は、FIBA世界ランキング10位の強豪、

オーストリアに勝つなどして、1次予選を見事突破した。

 

 

 

2次予選では、ニック・ファジーカス選手を怪我欠いたが、

八村塁選手と、2次予選から参戦した、

渡邊雄太選手(メンフィス・グリズリーズ 2way契約)の活躍で、アジア予選を突破。

 

 

 

こうして、バスケットボール男子日本代表は、

東京オリンピックの、開催国枠を勝ち取ったのだ。

 

 

 

しかし、ワールドカップ本番では、1次ラウンドで1勝もできず、

32ヶ国中31位という、結果に終わった。

 

 

 

エースとして期待された八村塁選手は、当然、相手から徹底マークされ、

アメリカ戦では、僅か、4得点に終わった。

 

 

 

東京オリンピックで日本代表が躍進するには、

八村塁選手や渡邊雄太選手の参戦と、

さらなるレベルアップが求められる。

 

 

 

 

 

 

オリンピック、ブックメーカー・オッズ』 topへ!