東京五輪競技コラム|さらに高みを目指す、4×100メートルリレー

 

 

 

 

日本人選手が上位に入るのが難しい、陸上のトラック競技において、

唯一結果を出し続けているのが、4×100メートルリレーである。

 

 

 

2004年のアテネオリンピックと、2010年のロンドンオリンピックは、4位入賞。

2008年の北京オリンピックでは、強豪国のミスもあり銀メダル。

そして、前回のリオデジャネイロオリンピックでは、堂々、銀メダルを獲得している。

 

 

 

100メートル10秒を切る選手がいないながらの、素晴らしい結果は、

速度を落とさず受けられる、アンダーハンドパスによる、

流れるようなバトンパスによるもの。

 

 

 

日本は、2001年にアンダーハンドパスを採用してから、着実に結果を出してきた。

 

 

 

リオデジャネイロオリンピック後には、桐生祥秀選手と、サニブラウン選手が、

100メートル10秒を切るなど、各選手が個人記録を伸ばしている。

 

 

 

ドーハで行われた、世界陸上選手権2019では、

リオデジャネイロオリンピックで出した記録、”37秒60” をさらに上回りる、

アジア新記録の、”37秒43” で、2大会連続の銅メダルを獲得。

 

 

 

自分たちの力を、100パーセント出し切れば、

メダルが穫れる位置にあるのだ。

 

 

 

日本陸上競技連盟は、メダルを狙える、リレーに専念して欲しいとの思いから、

 

 

 

選手たちに、

「100メートルか、200メートルのどらかと、400メートルリレーに出場を」

と、求めてきた。

 

 

 

つまり、400メートルリレーに出場する選手に、

100メートルか、200メートルの、2択を迫ったのである。

 

 

 

というのも、100メートルと、200メートル両方にエントリーすると、

予選・準決勝・決勝と、最大で合計6回を走る可能性があり、

リレーも予選と決勝で2回、7日間の日程の中で、合計8回走ることになるからだ。

 

 

 

最も期待が懸かる最後のリレーで、

故障やガス欠となってしまっては、目も当てられない。

 

 

 

しかし、サニブラウン選手は、

100メートルと、200メートルの、両方に出たいと発言。

陸連と選手の間に、溝が出来かけている。

 

 

 

メダルに期待が懸かる、リレーに力を入れて欲しい陸連の気持ちも分かるが、

選手のモチベーションを落としては、意味がない。

 

 

 

果たして、本番の400メートルリレーは、どのような結末が待っているのだろうか?

 

 

 

 

 

 

オリンピック、ブックメーカー・オッズ』 topへ!