東京五輪コラム|全種目メダル獲得も?代表候補が発表の卓球、展望

 

 

 

 

2020年1月6日、日本卓球協会は、東京オリンピック、男女日本代表候補を発表した。

 

 

 

男子シングルスの代表候補は、

張本智和選手(木下グループ)と、丹羽孝希選手(スヴェンソン)

 

 

この2名に、リオデジャネイロオリンピックの、

男子シングルス銅メダリスト、水谷隼選手(木下グループ)を加えた、

3名が、男子団体代表候補となった。

 

 

 

女子シングルス代表候補は、

伊藤美誠選手(スターツ)と、石川佳純選手(全農)。この2名に、

平野美宇選手(日本生命)を、加えた3名が、女子団体代表候補となった。

 

 

 

東京オリンピックから採用された、混合ダブルスの代表には、

「水谷隼選手・伊藤美誠選手」 のペアが、選ばれている。

 

 

 

この選考は、1月2日時点の、世界ランキング上位選手を、

そのまま採用した結果だ。

 

 

 

リオデジャネイロオリンピックでは、男子シングルスで、

水谷隼選手が銅メダルに輝き、男子団体では銀メダル、

女子団体も銅メダルを獲得し、大躍進を見せた。

 

 

 

東京オリンピックでは、それ以上の成績が期待されるが、

決して不可能なことではない。

 

 

 

なぜなら、1月2日時点での、世界ランキングにおいて、

伊藤美誠選手が3位、張本智和選手は5位に、ランクインしているからだ。

 

 

 

張本智和選手より上にいる上位4人は、全員中国選手であるが、

シングルスに出場できるのは、各国2名までであるため、両選手とも、

東京オリンピック出場の、上位3位以内に入っており、メダルの期待が懸かる。

 

 

 

丹羽孝希選手は、世界ランキング14位、水谷隼選手は、同15位であるが、

3名の選手がランキング上位に入っているのは、日本以外に、ドイツくらいである。

 

 

 

女子も同様で、石川佳純選手が、9位、平野美宇選手が、11位であるが、

15位までに3名以上の選手がいるのは、中国のみという状況だ。

 

 

 

全5種目でのメダル獲得も、決して夢ではなく、自国開催の後押しを受け、

中国の牙城を崩して、金メダルもあるかもしれない。

 

 

 

このメンバーが、東京オリンピックの本番に向けて、

さらなるレベルアップに期待したい。

 

 

 

 

 

 

東京オリンピック(五輪)卓球、ブックメーカーのオッズ』へ!